オリンピックの新エンブレムに関して

オリンピックのエンブレムは紆余曲折がありました。

最初に決まったエンブレムは盗作疑惑が持ち上がりました、
選考過程も透明性に欠けており結果ありきの選考ではないのか批判があがりました。

以前の東京オリンピック時には選考はスムーズに決定したそうです。
時代は流れ、さまざまな所でエンブレムが使用されるようになりました。

エンブレム盗作はなぜ発生した?

当然エンブレムの数が多くなり似たようなエンブレムが存在が意識されるようになりました。

作者は盗作しているつもりではないが、結果似たようなエンブレムが存在し、もう一方の
作者は自分の作品の盗作ではないかと疑ってしまう。

1回目の選考は透明性・盗作疑惑から白紙に撤回されました。
同じミスを繰り返さないため透明性を確保しました。

以前はエンブレム応募に一定の制限を設けていました。
結果一部の人間しか応募できませんでした。

やり直しの選考

今回は制限を撤廃し門戸を広げました。
誰でも応募可能なので透明性が確保されました。

数多くに応募作品が応募ありました。

そのなかから4点にしぼり選択するようにしました。
その4つに選ぶ選考過程も映像で残していました。

ニューズでも映像が流され、透明性は確保されました。
街頭インタビューでも意見が分かれました。

4点とも甲乙つけがたい作品になりました。
商標登録の確認も実施の上、選考されました。

結果青が基調のエンブレムに決定しました、
昔ながらの日本風のエンブレムで良いとの意見もありました。

エンブレムも決定しこれからいよいよ東京オリンピックへのスタートが切れる状態になりました。
少し出遅れ感は否めませんが。

関連ページ

メニュー
このページの最上部へ