土用の丑の日に恵方巻きを食べる習慣について

今年の土用の丑の日は7月30日の土曜日になります。
毎年土用の丑の日はうなぎを食べてますか?

私は好き嫌いが多く、
うなぎは嫌いで食べてませんが、
近年うなぎが簡単には食べられなくなりそうなので、
土用の丑の日について調べてみました。

土用の丑の日って?

ご存じかと思いますが、
そもそも「土用」というのは、
中国伝来の五行説によるものです。

  • 春ー木
  • 夏ー火
  • 秋ー金
  • 冬ー水
  • 立秋・立夏・立秋・立冬前の約18日ー土

になります。
季節ごとに土用があります。

あと日にちを十二支に当てて、
立秋・立夏・立秋・立冬前の約18日の間の中で、
丑にあたる日を土用の丑の日をよんでいます。

本来は年間4回ありますが、
今では「土用の丑の日」と言えば、
夏の事をさします。

なぜうなぎを食べる

「う」のつくものを食べて夏バテ防止する習慣です。
「う」のつくものなので、

  • 梅干し
  • うどん
  • うり
  • うなぎ

など何でもよかったのです。

中でも夏バテ防止のために、
疲労回復によいビタミンが豊富なうなぎが、
食べられるようになりました。

うなぎに代わるものは?

最近ではうなぎが高騰して、
普通に食べるのも難しくなってきました。

そこにビジネスチャンスを見出そうとしているのが、
コンビニ業界です。

節分同様に土用の丑の日に恵方巻きを、
うなぎに代わるものとして販売しようとしています。

「う」はつきませんが、
節分は土用と同じく季節の分かれ目の意味があり、
同様の意味があります。

関連が全くないかと言われると、
納得させる理由づけがあるようですね。

うなぎが嫌いなので、
せっかくなので今年は恵方巻きにチャレンジしてみようかと、
思います。

関連ページ

メニュー
このページの最上部へ